すみれの新築住宅は「ZEH」対応可能です

ZEH(ゼッチ)とは?

ZEHゼッチとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーをつくり、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロとなる住宅です。 

 

地球温暖化が世界的な課題となっており、国内においても「住宅の省エネルギー化」が最重要課題のひとつとして位置付けられています。2020年までに、建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現することを目標とし、普及に向けた取り組みを行っております。

図解(ZEH)

ZEHのメリット


断熱性能が高いので、家全体の温度差が少なく快適な空間が得られます。急激な温度変化によって引き起こされるヒートショックの心配も少なく、体に優しい住宅となります。また、断熱性能が高いため、外気温の影響を受けにくく冷暖房の効率が良くなります。さらに省エネ機器を採用することでランニングコストを抑え、太陽光発電などの創エネを利用することにより消費エネルギー換算でゼロに、光熱費も太陽光発電の搭載量によってはプラスになることもあります。イニシャルコストが高くなるというデメリットもありますが、時期によっては補助金が利用できる場合もあります。

すみれのZEH普及目標


「エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)」において

 

  • ■2020年までに標準的な新築住宅でZEHを実現
  • ■2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現
  •  

というZEHの実現・普及目標が設定されています。

 

上記の目標達成およびZEH普及のために、すみれは2016年度から2020年度までの新築戸建て住宅におけるZEH普及目標を設定しました。

 

実施年度

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

ZEH率

 10%

 20%

 30%

 45%

 60%

すみれのZEH普及実績


実施年度

2016年

2017年

2018年

ZEH率

 100%

 50%

 0%

 

ZEH仕様のsumika zeroを普及させることで、低炭素社会の実現に貢献したいと考えています。