家族で出し合った想いや夢。それをカタチにすることが私たちの仕事です。

家のことだけではなく、家族のことや将来についてじっくりと向き合って頂きます。

時には家族で方向性が違ったり、みんなの希望が叶わないこともあります。

私たちは建築のプロとして4つのポイントを重視しながら「調度いい暮らし方」をご提案たします。

ゾーニング

敷地を読む

間取りを考える前に、まず敷地を読むことから始めます。土地ごとに異なる陽の差す場所や風の流れる方向。近隣の環境を考慮し、家や駐車スペース、庭などをおおまかに配置します。

パッシブデザイン

自然の恵みを取り入れる

例えば、太陽の光は家の中を明るくし、冬には暖房エネルギーになります。逆に夏は暑さを防ぐために光を遮る手法が必要です。自然の恵みを取り入れ、エコで快適な空間を目指します。

間取り

動線、空間のつながりを考える

いよいよ間取りを決めていきます。動線・横のつながり・縦のつながり・外とのつながりを考えながら、要望を最大限に盛り込み、コンパクトかつ広がりを感じる空間をご提案します。

性能の数値化

家の性能・燃費を知る

なかなか比較検討されない性能や燃費。しかし、冬でも家中の温度差が少ない高性能住宅は、省エネかつ家族の健康を守る大切な要素であると考えます。住宅性能を数値化し、その基準なども解説します。

スミカプラスとは

スミカプラスの仕様について